« 大阪商業大学・原田ゼミが嵐山でアンケート調査を行っています! | トップページ | 淀川の外来水生植物駆除作業に参加しました!その2 »

2009年11月19日 (木)

「ズームイン!!Super」の「日本おそうじプロジェクト」のロケが行われました!

Dsc_0104_2

日本テレビ系の朝の人気情報番組「スームイン!!super」でおなじみの「日本おそうじプロジェクト」のロケが、今日(19日)、保津川で行われました。

Dsc_0080

今回のこのロケは、かねてからある船頭さんが「ぜひ保津川の現状も見に来て下さい!」とお願いのメールを送って下さっていて実現したもの。来週27日(金)の京都からの生中継の番組の中で、美しい風景の陰で深刻なゴミ問題に悩む保津川の現状を多くの方にもご覧いただこう、と取り上げていただけることとなりました。

今回は、一般の人では近づけない保津峡でのロケも含むため、保津川下りとアオキ・カヌーワークスのみなさんがボランティアで船を出していただいての撮影となりました。乗船場での打ち合わせの最中、ノボリを立てて出船を待つ私たちの船に観光客のみなさんも興味津々。「頑張ってね~!」という声もたくさんいただきました。

Dsc_0089

まずは乗船場を出発してすぐ、「大曲り」と呼ばれる川が大きく蛇行する場所に接岸しての撮影となりました。先日からの雨による増水で、この場所にはシャレにならないくらいの空き缶が漂着していたのです。そのようすはまるで「空き缶の道」というべき状況。ほんの15~20分ほどで、土嚢袋20袋ほどのゴミが集まりました。

Dsc_0085

中には電話まで・・・。こういうゴミは、そうそう風で飛ばされたりするものでもありませんし、不法投棄なんでしょうね。

Dsc_0096

保津峡谷に入った船は、紅葉に燃える山々を眺めながら急流を下っていきます。実は今日は増水で水位がやや高く、通常よりも船頭さんも通常の3人一組よりも1人増員しなければいけない「四人水(よにんみず)」。なかなかスリル満点の川下り行となりました。私のリュックも油断していたらずぶ濡れに・・・(涙)

Dsc_0098

峡谷の「殿の漁場」と呼ばれる渕で船をぐるっと転回。いつもながら、全長12mもある大きな船を器用に操る船頭さんの技には脱帽です。さて、この先にある風景は??

Dsc_0099

水が渦巻く舞い込みにご覧の通りたくさんのゴミが流れ着いています。これはほんの一部、岩の上や木々の間にも実にたくさんのゴミ・・・。中にはまだ新しいバスケットボールもありました。

Dsc_0126

そんなゴミをひとつずつ回収。冬のような寒さの中、水に入っての作業は本当に辛いものです。みんなが少しずつ気をつければ決して溜まることのないゴミ。谷間でのゴミ拾いは大きな危険も伴います。テレビ局のクルーのみなさんも、「これは思っていた以上に危険だ」とおっしゃっていました。

Img_0467_2

上の写真は、毎年春の川開き前に行われている船頭さんたちによる保津峡の一斉清掃のときのもの。

私たちがプロジェクト保津川を立ち上げたころ、いろいろな方に支援をお願いして回ったときによく言われたのが

「自分らの“職場”なんやから、船頭さんたちが自分らで掃除しはったらええんとちゃうの?」

という言葉でした。確かに、そうかもしれませんが、でもその作業がどれほど危険を伴うものなのか、地元の人でも知らずにおっしゃっていることが悲しくなりました。しかもそのゴミは船頭さんが捨てたものではないのに、です。

Dsc_0123

ボランティアでかけつけてくれた学生さんもインタビュー。彼らは淀川の河口で1週間おきに漂着ゴミの調査をしています。淀川の河口と比べると、淀川では小さな破片となったプラスチックや発泡スチロールが圧倒的に多いのですが、ここではまだ原型を留めている、という違いに気付いたそうです。つまり、漂着ゴミは長い距離を運ばれるほどに微細化して回収が困難になるのです。だからこそ、発生源でいかに流出を食い止めるか、が大事なことなのです。

Dsc_0133

小回りのきくラフティング・ボートは、保津川下りの船では近付くことが出来ない場所のゴミの回収を行っていただきました。保津川下りとラフティングが母船方式で連携して清掃活動を行うことで、ぐっと作業効率が高まります。

ラフティング・ボートに乗り込んだプロジェクト保津川の理事でもある森田・保津川遊船エコグリーン委員長が繁みの中から担ぎ出したものは・・・?

Dsc_0139

なんと自動車のバンパー・・・。世界中の人が訪れる保津峡の谷間には、こんなものまで流れ着いているのです。

Dsc_0160

保津峡の上流部の紅葉はそろそろ終わりかけでしたが、嵐山に下っていくとそれはみごとな眺めです。誰もいない、こんなきれいな景色の中にゴミが流れ着いている、それは決して「当たり前」のことではない、ということを番組を通じて感じていただければな、と思いました。

Dsc_0174

嵐山に着いたのは、日も沈んだ17時ごろ。今回は撮影を行いながらでしたので、全部で20L入りの土嚢袋に50袋程度、重さにして250kgほどと「少なめ」でしたが、それでも実質的な作業時間を考えると実に「たくさん」のゴミです。

Dsc_0183

集めたゴミは船ごと亀岡にトラックで運んで亀岡市役所の協力で処分していただきます。そのようすをレポーターとカメラマンが映像に収めて、本日の作業は終了。作業は大したことはなかったのですが、寒くて疲れました。。。

Dsc_0185

最後にみなさんで「ズームイン!」のポーズで記念撮影(笑)。お疲れさまでした!

今回の様子は11月27日(金)の「ズームイン!!Super」の中で、朝7:50ごろから放送されるということです。さて、どんなふうにレポートしていただけるのでしょうか?ぜひみなさんもご覧ください!

(H)

|

« 大阪商業大学・原田ゼミが嵐山でアンケート調査を行っています! | トップページ | 淀川の外来水生植物駆除作業に参加しました!その2 »

今日の保津川」カテゴリの記事

理事会だより」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大阪商業大学・原田ゼミが嵐山でアンケート調査を行っています! | トップページ | 淀川の外来水生植物駆除作業に参加しました!その2 »