« 船頭さんたちによる保津川の大掃除が始まりました! | トップページ | 保津川筏復活プロジェクトシンポジウム「筏がつなぐ山、川、そしてまち」を開催しました! »

2010年2月24日 (水)

船頭さんたちの「川の大掃除」2日目は保津峡へ!

7c5a61ed7b37207a44629fcb9dd7abd6

春を思わせるようなぽかぽか陽気に恵まれ、保津川下りの船頭さんたちによる「保津川の大掃除」が昨日に引き続き実施されました。

960afcd5f81906de58d746b67b37e7d3

2日目となった昨日には、総勢25名の船頭さんが集結し、岩場など峡谷に漂着・漂流しているゴミの清掃に汗を流しました。

昨日から出動していた舟2艘は、昨夜一晩、峡谷の中で「お泊り」させてあり、今日はゴミ回収船である「エコ船」も加わり、3艘体制で清掃作業に臨むことになりました。船頭さんたち作業員もこの「エコ船」に、亀岡の乗船場から乗り込み、舟が係留されている現場まで向ったのです。

Aef88fbf1529696925b7548d812f0b8d

急峻な地形である保津峡の谷間の清掃は、これからが本番です。段差激しく、急な崖が続く、足場の悪い川岸や行く手を阻むしのべやイバラの茂みなどここでのゴミ回収作業はけして簡単ではありません。

ゴミを入れた土嚢袋は、まとめて船の乗せ運んで回収していくのですが、船が着岸できる箇所は限られており、土嚢袋を手や肩にぶら下げて歩くのは想像以上の重労働。しかも、足場も悪いのでバランスなどを崩すと滑落する恐れもあり厳しい作業です。

862b43453e7a5bdede0f8272c41b3a0f

漂着ゴミの多くは、河川の増水時に運ばれてくるものですが、大体、辿り着き集まる場所は限定されています。増水時、流線の外曲がり側の岸に流れ着く場合が多く、しかも大量なのです。
今日も獅子ヶ口や朝日といった右岸側や高瀬の左岸側の外曲がり側に大量のゴミが漂着していました。

ここではペットボトル、トレイ、コンビニ弁当のガラ、スーパのレジ袋といった、いつも不名誉な上位ランキングに名を連ねるプラスチック・ゴミが大量に回収されました。また、川の上を走ってきたのか?古タイヤ軍団もたくさん回収されたのです。

午前中だけ、1艘の船が満タンになるほどのゴミを回収したのですが、この頃には気温が上昇してきて、汗が額から滴り落ち、背中がびっしょりと濡れる程の陽気へ。今日は本当に春を感じさせる天気でした。

D955e9b4c1e004e51624b22dcf77b161

心地よい陽の光に照らされ、きれいになった川岸を見ながら食べる昼食は、最高に気持ちのいいものですね。食後はもちろん、昼寝タイム~

結局、川掃除2日目は、JR保津峡駅の上流部までのゴミを回収してタイムオーバー。船2艘分のゴミを拾い上げることができました。

941010d4584b47e7f99ecd270e4cfa6e

岩が場多い場所では、回収したゴミが入る土嚢袋を船まで運ぶことに手間取り、完璧に清掃しきれない箇所があり、少し心残りですが、明日以降の川掃除部隊に後を委ねて、今日の清掃活動は終了。船頭さんたちは、JR保津峡駅からJRで遊船乗船場がある亀岡まで戻られました。

ここ一週間、今日のような天気が続くらしいので、あと2日の清掃活動も予定通り行われる予定です。事故の無いよう十分に気をつけて、頑張ってくださいね!

|

« 船頭さんたちによる保津川の大掃除が始まりました! | トップページ | 保津川筏復活プロジェクトシンポジウム「筏がつなぐ山、川、そしてまち」を開催しました! »

今日の保津川」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 船頭さんたちによる保津川の大掃除が始まりました! | トップページ | 保津川筏復活プロジェクトシンポジウム「筏がつなぐ山、川、そしてまち」を開催しました! »