« 保津町・愛宕谷で植樹が行われました! | トップページ | 保津川下りの船頭さんのバングラディシュ視察が新聞で紹介されました! »

2010年2月18日 (木)

「大堰川最后の筏師を囲んで」座談会に行ってきました。

Dscn3927

2月14日(日)、桂川クリーン大作戦のあと、午後から「大堰川最后の筏師を囲んで」座談会に行ってきました。大堰川(桂川の地域名)上流最后の筏師、栗山季夫さんの貴重な話を聞くことができました。

この座談会は、南丹市にある「丹波史談会」が主催する2月の例会で、当日は、熱心な方々約30名ほどが拝聴されました。

栗山季夫さんは、大正14年生まれの84歳!!!京北周山町在住で、昭和期に大堰川上流(南丹市日吉町以北)で筏流しをされていました。

上流部の筏流しの特徴は、川の水量が少ないため、川に堰(せき)を作り水をためて、一気に堰をはずして流れる水の勢い(鉄砲水)で筏を流します。また、筏の組み方も保津の筏士さんとは違って、木材の両末口に穴をあけ、ネソというマンサクの木を火であぶって捻じったものをロープ代わりに、穴を縫うように筏を組んだそうです。この筏は「メガチ筏」と呼ばれるもので、保津の「カン筏」より歴史の古いものです。

Dscn3933

メガチ筏の模型とネソ。

Dscn3935

目打斧。これで、木材に穴をあけていました。

栗山さんは、昭和15~19年くらいまで筏流しをされ、その後入隊し戦争に従事し、戦後帰国した時には筏流しはすでになかったそうです。戦前で京北町には実に約100名ほど!!の筏師さんがおられたそうで、当時の筏流しのにぎわいが想像されます。

栗山さんが当時のことを話されるとき、保津の筏士さんもそうでしたが、しきりにおっしゃっていたのが、冬の筏流しの過酷さです。

『まともな人間のする仕事とちゃう』

『親父がやってへんだら、やめとったな~』

9月15日~1月1日までは、主に川作といって、筏が通れるように川の工事をされていました。12月には雪が降り積もり、そこに足袋とわらじで入って作業する、想像を絶するものですね。

筏流しの日は、朝4:30から家を出て、上流の上黒田・灰屋口に約4~5時間かけて歩き、そこで筏を組みなおして、京北・周山まで流して一日を終え、次の日は日吉町の上世木まで、途中筏の上で握り飯や納豆餅を食べながら、筏を流していたそうです。2日間かけての筏流しでした。

極寒の中の仕事。しかし、寒いといって厚着をすることはありませんでした。なぜなら、厚着をすると溺れる危険があるから。いつもシャツに半纏だったそうだが、仕事中はあまり寒さを感じなかったそうです。感じなかったというか、当たり前のことだったのです。

Dscn3932

平成6年、平安建都1200年祭の時、京北町から筏流しを依頼され、筏流しを復活された経験もあり、また、今でも、地元の小学生の筏流しを教えられています。

会場には、平安建都1200年祭の時の筏流しの写真が展示されてました。

Dscn3947

座談会の後、直接、栗山さんとお話しする時間もありました。そして、今年、是非、保津川で昔ながらの「メガチ筏」を流したいと頼んでみると、「私ももうあんまり時間がないし、やるんやったら早い方がええな!」とおっしゃってくれました。

しかし、一つ問題があります。マンサクの木が、今ではほとんど生えていないそうです。当時は筏ばかりではなく、建築や農作業にもマンサクで作られた「ネソ」は重宝されて、京北には「ネソ屋」という製造・販売する商いが成立していたそうです。今は、山を手入れすることが少なくなり、マンサクは姿を消しつつあるそうです。

こんなところからも、山と川との関係性が見られます。山は山だけでは成立しません。山・川・まち・ひとがうまくリンクしてこそ、互いが維持されていくのではないでしょうか。そんなことを考えさせられた座談会でした。

丹波史談会の秋里さん、ご招待いただきまして誠にありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げます。

さあ、今年、「メガチ筏」が保津川を下るのか?!乞うご期待!!

(追記)当日の様子が京都新聞で紹介されました。

20100215_kyotonp_ikada_hiyoshi

筏師「冬場の寒さ、修行のよう」 南丹で大堰川下り従事者講演会

P20100215000047_2
 「緩みにくく水にも強い」と丸太をつなぐ綱「ネソ」の特長を説明する栗山さん(南丹市日吉町保野田・同町生涯学習センター)

かつて木材を筏(いかだ)に組み大堰川を下って運んだ「筏師」が体験を語る講演会が14日、京都府南丹市日吉町保野田の同町生涯学習センターであり、参加者が筏流しの労苦に思いをはせた。

郷土史家らでつくる「丹波史談会」が2月の例会として企画し、会員を中心に約40人が参加した。

64年前まで日吉町以北の大堰川で筏流しに従事した栗山季夫さん(84)=京都市右京区京北=が講師を務めた。戦前、旧京北町に筏師は100人ほどいたとされるが、当時の様子を今語れるのは栗山さんだけという。

栗山さんは「長靴がなかったので冬場は本当に寒く、毎日が修行のようだった」と約5年間の筏師生活を振り返った。また、▽老ノ坂峠と愛宕山にちなみ、右を「おい」、左を「あたご」と呼んで筏を操った▽マンサクの木で作った綱「ネソ」で丸太をつないだ-などの逸話を紹介。参加者は「昼ご飯はどうやって食べたのか」「けがをした人はいなかったか」などと興味深げに質問していた。

京都新聞 2010年2月15日
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P20100215000047&genre=B1&area=K40

(K)

|

« 保津町・愛宕谷で植樹が行われました! | トップページ | 保津川下りの船頭さんのバングラディシュ視察が新聞で紹介されました! »

丹波の歴史・文化・自然」カテゴリの記事

保津川筏復活プロジェクト」カテゴリの記事

新聞記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 保津町・愛宕谷で植樹が行われました! | トップページ | 保津川下りの船頭さんのバングラディシュ視察が新聞で紹介されました! »